スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

工事終了

2012-12-31 21.11.44

正月までに突貫で工事を終了してくれました。
年の瀬に仕事終っておられる家庭もあるので、
日曜日には「うるさい」とクレームがあった。
半月前から掲示板、エレベーターに張り紙をして告知し、
工事の3日前には手土産持って左右下に挨拶にいったいる。
マンションの理事をやっている都合、ルールはちゃんと守る。
怒られることも想定内。しかし根太打ちには相当音が出た。
耐えられなかったらしい。
申し訳ない、だけどいつのタイミングでやっても音は出るので。
お互い様って事にしてほしい。(←自分勝手)




2012-12-31 12.31.11

そうこうしているうちに昨年もブログに載せたおせちがやってきた。
わーい ヾ(○⌒∇⌒○)ノ わーい



だけど、ただひたすらに祈っているのです。

スポンサーサイト
ある治療院の出来事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/31 23:02

今年の正月休み

2012-12-29 23.23.26

今年は例年になく早くから正月休みを取っている。
その間に工事をしようと計画していたからだ。
実際仕事納めをしている職人さん達の多い中、
うちの事情をよく知る工務店のおやじさんが
作業をして下さる職人さんに手当をはずんで(笑)
頑張って下さる。ありがたいことだ。

荷物を全部出して床を全部剥がして作業する。
まだ綺麗なのに全面リフォームみたいだ。

これで年明けから患者さんも快適に過ごせるだろう。
いやむしろ私が快適に過ごせることだろう。


私、木馬に関わりのあったみなさま。
今年も1年、いろいろとありがとうございました。
来年も変らずよろしくお願いいたします。
良い年をお迎えください。

ある治療院の出来事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/30 00:27

忘れない事

開業して一年経った頃からのおつきあい。
5年ほど前に腎がん発覚。
幸いにも放射線治療がうまくいき活動は止められた。
しかし肩甲骨転移が同時発覚。
同じく放射線治療しかない。

いろいろ相談を受けたのだが、本来病巣を取るのが理想だったりするが、
「肩甲骨を取り去る事はできない」
勉強している我々でさえ、考えてみたことなかった。
冷静に考えれば当たり前の事だが、肩甲骨を取る事はできないんだ、
と改めて考えさせられた瞬間でもあった。

抗がん治療は拒否されていたので、その他できることを一緒に考え、
こちらでできる事をお手伝いし、疼痛緩和に心掛けた。


個人的には治療院の顔あてサラシ、ネーム入りのベットシーツなど、
彼女の作品であふれている。


「誰かの中で忘れられない事が生き続ける事」


うちの治療院ではあなたの心遣いは生き続けます。

ある時点から受け入れられたのか、生き方が考え方が変わりましたね。
「本当に何から何まで頼って、支えていただきありがとうございました」と
いつも一緒の娘さんから言われたけれど、
こちらが彼女の生き様にどれだけの教えを戴いた事か。


病院ではとうの昔に宣告し抗がん治療しないなら帰ってって放り出したにもかかわらず、
立派に5年生きたじゃないか!統計なんてあてにならない。


やっと楽になれたのかなぁ

あなたの教えも胸に私は歩き続けます。

またね。
ある治療院の出来事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/11/16 23:30

工事完了!!

患者さんからよくある声

「肩から頭にかけてスースーする」(冬場)
「前の治療院の所より車がうるさいなぁ」(年中)

なにより患者さんの頭側から触っている時の
自分の背中が冷気(霊気じゃないよ)でゾクゾクする。
冷えの入り方で具合悪くなることを知っているので
たまらないのだ。

ずーっとどうしようか考えていた。
一番は遮光性のある厚手のカーテンを床にぞろびくように
すればよいのだが、昼間天気の日でもカーテンを閉め切るのは
気分的にも良くない。
以前の治療院は二重ガラスを入れて防音に留意された場所を
提供していただいてたので、その差を患者さんも私も感じている。

そこで、ここ最近は住宅エコポイントでリフォームはこればっかり、
と工務店のオヤジがなげく、二重サッシ(内窓)はどうだろう?
マンションの管理会社に問い合わせ、建物の共有物として
既存のサッシ、ガラスは触れないが、窓の内側はいじってもよい。
との回答を得たので、さっそく踏み切った。

写真

既存のサッシから内側に7cmほど枠が必要になる。
窓の部分部は樹脂もガラスもあるが、ガラスの二重を選んだ。
業者が一人で運ぶ限界と言っていた。
これより大きい高さ2mの二重ガラスだと
一人で運べない重さなのだそうだ。

入れた瞬間に外からの音が半減、
いや7割減って感じだ。
言い過ぎ?
我々の治療も常にこうありたいものだ。

きっと窓ガラス側からの冷気も違うはず。患者さんのためでもあるが、
自分のためにもやってよかったと思う。



話は変わって、本日は市の幼稚園大会があった。
下の娘の運動会が雨で延期になって、延期になった日まで休めなかったので、
行けずに「お兄ちゃんの時は来てくれたのに、、、」と、
泣かれたことを挽回しなくては。
朝から娘が一言「運動会来れなかったんだから今日は来てよね!

私立の幼稚園は16あるらしい。一同に市で一番大きなコンサートホールの
ステージで歌や楽器、お遊戯を披露するのだ。
ちっちゃい子が一生懸命楽器をリズムに合わせている姿を見るとうるうる。
出番を待っている間も観客席の私たちに一生懸命手を振る我が娘に
にんまりしているとうちゃんがいた

今週末は毎年恒例、息子のS&Bマラソンだ。
今年は初めて私も現場に応援に行く予定。

ある治療院の出来事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/10 21:10

本屋さん立ち寄る

そして今晩は「本屋さん」立ち寄る。

福岡からの帰り、A東書店さんの購買終了後、合流して帰るとのことで、
「晩飯でも一緒に食べれない?」とのお誘い。

こういう時って何かが整ったかのように急患も入らず、
最後の患者さんもちゃんと時間通りに切り上がる。

A東書店のO川さんと本屋さんとO村さんと食事。

僅かな時間ではあるけど、想定外のサプライズは
楽しいモノである。

東京に向け出発されたあと、久しぶりにお会いしたOさんと
日付が変るまで談義した。

そして、私が昔ブログに書いた職人芸を持つミュージシャンの
添加物を使わないおししいうどん屋を「閉店する、ばんざいや」と
悲しい連絡が入ったのである。
ご時世もあるし、都市計画の悪影響による人の動線が変ったのが
大きいと思うが、えてして無添加を謳うお店は長続きしないのが残念だ。

ある治療院の出来事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/02 01:55
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。