スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

運動会と操体法(笑)

やっと感想を書き上げた後、子供達の運動会と地域の運動会が2日連続であった。

今年は二人とも小学校なので仕事を一日休めば済むので助かります。
下の子は一生懸命まじめに参加しているし、上の子は勝ちにこだわるようになりました。

いやいやそんなことを書くつもりではなく、
次の日の地域の運動会の話だ。
子供達に引っ張られ親子リレーやボール送り、綱引き、障害走、対抗リレーと走らされる。
町内は比較的子供達が増えてきたので若いお父さんも増えた。
みなさん積極的に参加してくださるので、来年は組長が当たるが助かる。

そんな中、午前中の競技にがんばりすぎて上前腸骨棘の下から
大腿直筋あたりの筋肉痛で午後の競技をキャンセルしたいと。
昼休みの時に寝かせて操体法をちょこちょこっと掛ける。
見ているみなさんは何をやっているのかわからない。
だけど本人キツネにつままれたように大丈夫だ、と何度も腿上げをして確かめている。

と、さりげなく患者さん以外でもちゃんと効果を出せることを確認。

そして本日月曜日。
想像通りの筋肉痛でたまらない。それなりに身体を使ってるんだけどなぁ。
特に患者さんにまたがっている時のふくらはぎと股関節前面がたまらん。
前回萩原師匠に教えていただいたように今回は珍しく睡眠は充分取った。

午前中の患者さんで相当つらかったので、昼休みに走りに行った。
筋肉痛の足で走るのはきついけど動かしているうちにちょっと抜けてくる。
これもセルフ揺らしだと脳に言い聞かせるようにプログラミングする。
昼からの患者さんの施術がだいぶ楽になった。
全てが終わってからひとりPNFを施してもう大丈夫。

萩原師匠~!仰るとおり、
やっぱり身体動かすのが一番早いで~す。


もっと困ったことに日差しが温かいからおでこから鼻柱が真っ赤にT字焼け。
もう酒さ鼻に近い。ひりひり皮膚も突っ張るのでハペロール登場!!
昨晩からコロコロしているととってもヒンヤリ気持ちいい。
本日ほとんど皮がめくれてきて再生モードに入ったようだ。
スポンサーサイト
ハペ、ソマ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/10/04 01:25

試作品のうちのひとつ

昨年末になるかなぁ?懇意にしている小児科の先生とハペ、ソマシリーズのプレゼンというか、
情報提供としていろいろな使い方を提案していたときのこと。
ハペロールVEの副作用なしに皮膚を改善させることができる可能性に大変関心を持たれ、
その話を聞いている間中、ハペタッチの「おむすび」をにぎにぎしておられる。
「ねぇ木馬さん。このおむすびって精神不安定の人に握らせたら良さそうだよね。
うちも診察中に落ち着かない子に握らせてみようかなぁ」

、それは落ち着きますね。(賢明な読者ならなぜ落ち着くのか想像ついていると思う)
残念ながらお試しとしてお渡しできるのがないので、ちょっと年明けてからにしましょう。

だったのが確定申告も終わり、小児科も冬のインフルエンザや胃腸風邪も落ち着いたので、
おむすびをお渡しして(結局ご購入頂いたのだが)診察時にこどもを何かに集中させようと
おむすびを渡したところ、なんと瞬殺!!強く引っ張っちゃったら破けちゃった。
私の知り合いのチビちゃんも渡したとたんに、
良いおもちゃだとばかりに引っ張っちゃったら破けちゃった。

間違えないで下さいね。決して製品が弱いんではないのです。本来イレギュラーな使い方ですよ。
使用説明書にも「優しく柔らかく軽いほど効果的です」と書いてます。
6ヶ月くらいの赤ちゃんや小児科に通うくらいのちびっ子に「優しく柔らかく軽く」は通じません。
大人が気をつけて使うモノですが、子供は興味津々触りたがります。
気持ちよいから自分でやりたがります。

そこで村上樹脂工業さんに状況と事情を説明してイレギュラーな使い方ですが、
ちびっ子用に引っ張りに強そうな策を練って頂きました。
試作品おむすび
それがこの写真です。(クリックすると拡大します)
これはさすがに瞬殺とはいきませんね。ネットのおかげでちょっとごわごわするので、
子供達の反応はまちまちだと思います。
もうしばらく小児科の先生とお互いの使用感をやりとりしてみます。

泣き止まないチビちゃんや癇癪を起こすチビちゃん、不思議と落ち着きます。
大人でも情緒不安定なときなど「おむすび」にぎにぎしてみませんか?
落ち着きますよ、癒されますよ~

* 尚、治験の結果、感想はあくまでも個人の主観であり、万人に同じ結果が出るわけではありません。
  だからこそ各人で追試して、是非自分の感想をお持ちください。
ハペ、ソマ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/23 22:20

子供の顔にハペロール

今日来た患者さん。3週間前からハペロールを購入。
1歳半の息子さんの症状のために使い方を解説。
常に透明な水っ鼻、咳、痰。原因は保育所の規定で裸足にさせられる。
足が常に冷えていて発症。
小児鍼のようにハペロールで首肩のこわばりを取るように説明。
まだしゃべらない息子さんは気持ち良いのが気に入った模様。
首肩をやっていると足を投げ出し、足をやれ!次に腕をやれ!
最後に顔をやれ!ってどんどん注文をつけてくる。
大抵最後の顔は自分でハペロールを奪ってコロコロしているらしい。

そこで発見!!
幼児の顔をハペロールでコロコロすると、大人以上にスベスベ度が増し、
泣いた涙も一瞬で頬を滑るそうだ。ガラスコーティングした車に
水滴がついた時のような変化だそうだ。

その奥さんは言っていた。
「自分の顔でもツルツルになってきたのわかるのに、子供の肌って
もっと短い刺激でツルツルになるんだ。年齢によって修復期間が違うのも納得できる」

「でも私はアトピーのために使ってるけど、痒いときに血が出るまで搔き毟らないと気が済まない。
だけどコロコロすると痒みが引くんだけど、不思議なんだけど、
脳がまだどこか痒いはずだ、って痒いところ探しをしているのが嫌だ。
痒くないんだから早く納得しろ、私の脳」

とも言っておられた。

ハペシリーズを上手に利用されているので、自分たちで効果があるのを分かっておられるから、
使用法のバリエーションをちょっと教えると、自分のものにされるマニアでもある。
今回はハペシートを子供の背中に入れて寝させてみる、とシートを買って帰られた。
養生テープで貼るって言ってたけど、、、、(笑)



* 尚、治験の結果、感想はあくまでも個人の主観であり、万人に同じ結果が出るわけではありません。
  だからこそ各人で追試して、是非自分の感想をお持ちください。
ハペ、ソマ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/08 22:25

突然じんましんが・・・

昨夜のこと。
真夏の2か月は割り切ってお店を閉めてドイツに勉強に行かれる
ドイツ菓子のパティシエ50代の女性。
私も治療が終わって帰宅しようかな、というところに
「先生、じんましんがついさっきから出始めました」と立ち寄られる。

井穴刺絡でもやるかな?と考えていたところ目に止まったハペロールVE
両腕、胸、背中、おしりと真っ赤に蚊に刺されたように所々腫れている。

ハペロールVEで優しく優しくじんましんの上を転がしてやる。
数分で「かゆくないって言ったらウソになるけど、さっきまでと
全然違う。なんかすーっとする感じ」発疹はあるけど赤味はどんどん引いて行く。
さすがにお尻まではやらなかったけど、できるところはコロコロしてみた。


うーんこの感じは味わってみないとわからないのだ。

残念ながら欲しいといわれてもストックが底を尽きて無いのだ。

* 尚、治験の結果、感想はあくまでも個人の主観であり、万人に同じ結果が出るわけではありません。
  だからこそ各人で追試して、是非自分の感想をお持ちください。
ハペ、ソマ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/06 00:49

皮膚考学研究所 長谷川先生 来る!!

遠い関西までお越しいただきました。

パイオネックスや一部のディスポ鍼、
ソマちゃん、ハペちゃんの生みの親
hifulabo 皮膚考学研究所所長 
長谷川智也先生が拙治療院に来られました。
お忙しい時間を縫って立ち寄られた僅かな時間は、
濃厚に熱くマニア魂を語って帰られました。

いやぁ、やっぱり熱い人っていいなぁ。
分野は違えど、その中に楽しみを持って試行錯誤する。
マニア過ぎる開発は一般受けはしないけど、
それでもいつかは波がやってきて、理解と共感を得られる時が来る。
良かった時代と苦しい時代、ふてくされても楽しくても同じ時間なら
楽しくいろいろなセンサーを持って、切り抜けるセンスも必要だ。
長谷川先生の飛び抜けた発想は素晴らしい武器でもある。

治療にまつわる話やソマちゃん、ハペちゃんを個人的に使い始めて
気付いた事や要望をしっかりと伝え、フィードバックし、
更なる改良と発展につながるような時間になりました。

また効果、効用の報告はこのブログでも随時行っていきますので、
ちょこちょこ覗いて下さいね。 
ハペ、ソマ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/10/20 22:03
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。