スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

AT免許の功罪

先日、恐るべし事実を入手した。

MT免許よりAT免許の方が難しい、という事実だ。



そんなバカな!と私は思った。

みんなが苦手なのはMT操作をしながら、他のことを同時にするのが

難しく、ATの場合Dレンジにさえいれれば、他の操作に集中できる。

当然ATの方が簡単だと思っていた。


しかし、


だが、しかしだ。


自動二輪のAT限定免許というのが最近あるらしい。

つまり原付ではないビックスクーターにだけ乗る免許だ。

MTよりは簡単だという認識で受講されるので、

見極め、卒検で落とされる落とされる。

教習を見ていると教官が

「クランクは脱輪かパイロン当たっちゃうかも、そしたらごめんね」

と言いながら先導していく。

いやいや、教官が脱輪してちゃイカンでしょう。

それで生徒さん落としちゃダメでしょう。

と、思いながらも実際はさすがにうまい。落ちない、当たらない。

でも生徒さんはことごとくクランクで脱輪転倒、パイロン接触が多い。

なぜだろう?



それぞれについてマニアックに細かく書きたいけど

ホイールベースの長さとタイヤサイズのバランスが悪い。

ニーグリップできない不安定さ。

エンブレ効かないAT。

ヘルメット収容のためリア幅広すぎ、など。

関心のない人にはどうでもいいことなので、ざっと流します。


免許保持者はご存じの一本橋をビックスクーターでやるの

結構難しいですよ。前述の不安定な車体で足下カウルがあるので、

一本橋にタイヤが乗る瞬間も全く見えない。

遠目を見ながら一本橋の延長を感じなきゃならない。

落ちそうになったら更にそちら側にハンドルを切る、

テクニックが一本橋では必要だが、AT車は勢いよくハンドル切ったら

ピーキー過ぎてすぐに反対側に足を着いてしまいそうになる。

このあたりは経験者でないとわからないポイントです。



なるほどATの方が難しいなんて思いもしなかったが現実そうだ。

決定打は教習の1時限目に教官が一言目に言っていた。

「君たちはどうしてATにしたのかね、MTより難しいのに」

この意味が初めて自動二輪を取ろうとする人にはわからない。

教習が進むにつれ、何でこんなに落とされるんだろう、

ATだから簡単だってなめてたのに・・・。

入学申し込みの段階でちゃんと説明してあげることが必要だね。

そこの受付はおばちゃんがやっていて、教習の中身の違いも

わからずに勧めて契約を取っているだけのようだ。


鍼灸学校も、いや技術を教えようとする学校は最初にIC

インフォームドコンセントしないとね。

「卒業しても治せる治療家にはなれませんが、よろしいでしょうか?」

そんなバカ正直なところがあったら、私は勧めたい。

説明を受けて同意して入学だから、詐欺だ~って不満はないはず。

実際はそうじゃなく、いいことばっかり言って、夢見させて

国家試験さえ通ればいいや、ってスタンスでやっぱり治せない、

効かないじゃん、って思いで去ってほしくないですね。


今回のAT免許の方が難しいをきっかけに、いろいろと考えさせられました。

AT化による治療のシステム化はやっちゃいけないなぁ。

鍼とか手技がAT化したらどうなっちゃうんだろう?

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008/06/26 01:45

6月29日は刺絡学術大会の日


うっとうしい梅雨空のこの時期には刺絡療法が魅力的ですね。

大阪学術大会の開催日が今週末に迫ってきました。

東京、高知と続きまして今回の会場は大阪森之宮、

ということで関西周辺の方はより参加しやすいのではないでしょうか。

まだ間に合います。当日受付もあります。懇親会は人数の都合で

無理かも知れませんが、そこで人間関係がものをいいます。



刺絡に関してはそれぞれの考え方があると思いますが、

臨床上大事な場面で絶大なる効果を発揮してくれることも

少なくありません。

鍼灸そのものの姿が元来、野蛮な治療法である限り

(現代においては衛生面の厳格な管理は必須だが)

避けて通るより正しく理解し、自分で判断し、

自分の治療法の引き出しの一つになるか、

そうならないかはご自分で判断されるべしである。



各学校においても全日本鍼灸学会や

日本鍼灸師会などのイベントに参加させたりするくせに、

全日本鍼灸学会や日本鍼灸師会が後援している

刺絡学会学術大会を宣伝しないのは不思議だ。















































日程





■日時:平成20年 6月29日(日) 10時~17時

■会場:
森ノ宮医療学園専門学校 
学術大会テーマ





■「簡明刺絡鍼法」 ――治療の切り札――
○会長:安雲和四郎 (日本刺絡学会会長)
○会頭:森俊豪 (森ノ宮医療大学理事長)
○副会頭:南利雄 (日本刺絡学会理事)
○実行委員長:尾崎朋文(森ノ宮医療大学准教授)

             尾崎先生申し訳ありません。漢字が表記できません。

             尾崎先生の「崎」は大きいではなく立つの「崎」です。

             

ごあいさつ





刺絡が歴史から見ても鍼灸の業務範囲であること、安全に行えば問題なく、

有効であることは実証されていることを認識してもらうことが重要と考えます。

今回は、大会テーマを「簡明刺絡鍼法」―治療の切り札―と題して開催いたします。

内容は安雲和四郎会長の講演「刺絡の歴史とその現状」、森俊豪会頭の講演

「教育現場における刺絡」、教育講演では山下仁先生の「刺絡の利益とリスクのバランス」

など、刺絡を取り巻く環境についての講演を予定しています。また、パネルディスカッション

では、関信之先生の司会で、刺絡を臨床の現場で実施している南利雄先生、西田皓一先生、

勅使河原悦司先生、間純一郎先生の治療の切り札を披露していただきます。

刺絡が鍼灸治療の引き出しの一つとなるよう、この機会にぜひ皆様のご参加をお待ちしています。

第17回日本刺絡学会学術大会               

実行委員長 尾崎朋文
メッセージ
日本刺絡学会学術大会は今年で17回を数えます。刺絡鍼法は法制度が

改正されたにもかかわらず、鍼灸師の業務範囲ではないと言う誤解を生み、

教育も行われないという時代がありました。日本刺絡学会の前身である刺絡問題

懇話会は日本民族の貴重な遺産である刺絡鍼法の消滅を恐れ、日本刺絡学会

を設立しその技術や理論の継承発展に努力してきました。現在では多くの方々

が入会され、刺絡基礎講習会に参加し、認定を受けるなど、その活動の成果が

現れています。若い会員さんの増加も頼もしい限りです。今回の学術大会も多くの

臨床に有用な情報の発信を予定しています。多くの臨床家のご参加をお待ちいたしております。

日本刺絡学会

会長 安雲和四郎


プログラム(←詳細はクリック)










































後援





全日本鍼灸学会
日本鍼灸師会
日本鍼灸マッサージ師会
森ノ宮医療大学
森ノ宮医療学園専門学校
お申し込み





事前申し込み 会員5,000円 一般8,000円 学生3,000円

当日申し込み 会員6,000円 一般9,000円 学生4,000円

懇親会 8,000円

下記郵便口座へお振込みください。当日は、受付にて振込み票の控えをご掲示ください。

(参加種別、懇親会出席等を備考覧へご記入ください)

ゆうちょ銀行 口座番号00910-7-86130 日本刺絡学会 大阪学術大会

※参加申し込み後、お取り消しになられても参加費・懇親会費はご返却できませんので、

ご了承下さい。

※当日受付もいたしますが、混雑しますので、なるべく口座振込みをご利用ください。
大会事務局




第17回学術大会事務局

〒538-0034 大阪市鶴見区徳庵2-1-47 徳野鍼灸院内

Tel/Fax06-6911-3526

E-mail
17th.shirakugakkai アットマーク gmail.com

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008/06/24 00:55

ヘビーメタル

と、聞いて♪show me the way to you,Heavy Metal♪

「重戦機エルガイム」を連想した人はかなりのマニア。

一般的には私も好きだった音楽ジャンルを連想するでしょう。



先週来られ還暦を越えた、あるベテラン患者さん。

NHKのカルチャーで教えたり、カントリーバンドでメジャーな傍ら、

ほんまにうまいものを提供したいと無添加と厳選された生醤油

を使って「うどん屋」をやっておられる。

年代モノのギブソンの話やピックアップのマニアックトークなど、

多才でいつもネタに欠かない。



今日の調子の悪い所を尋ねると、「先生、最近ヘビメタでねぇ…」

「へっ?、最近はヘビメタやってるんですか?

それはビートも速いし、疲れますねぇ」



しばらく話を聞いていると、どうも話が噛み合わない。

よくよく聞くと「ヘビメタ」は「ヘビーなメタボ」らしい(笑)

メタボが過ぎてくると「ヘビメタ」と巷では呼んでいるらしい。



そうだったんですか?他の方なら聞き流せたのですが、

音楽人間の彼が言うので、てっきりヘビーメタルでもやり始めたのか、と。



「木に学べ」(西岡常一・著)ではないが、彼から学ぶ視点は多いのだが、

今度また、もっと突っ込んでお話しましょうね~

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008/06/03 02:04

「ささやき」からの脱出

木馬はア・バオア・クーにて撃沈され、乗組員たちは

白兵戦後、ランチに乗って脱出。

TV版、最終話のタイトルは「脱出」。



「ささやき」からの脱出。

木馬は撃沈したから元・木馬。

元・木馬は果たして「脱出」できるのだろうか。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008/06/02 23:46

reboot

最終日のアクセスカウンターは1日で3738。新記録!



ある方からいただいた励ましメールの中に

「終わりと始まりは同一地点ですから今日は大みそかですね」

とありました。ありがとうございます。



昨日、大晦日。今日、元旦。

後部座席シートベルト着用、子供の自転車ヘルメット着用、

新しい幕開けです。



「ささやき」は鍼灸という特定のカテゴリーにこだわらず、

臨床家になろうとする人が、少しでも精進できるよう

若葉マークの元・木馬が自分の浅学非才さを発揮し、

バカにされながらも前進するブログである。



自分のために更新しますので、更新頻度は落ちると思いますが、

それでもお付き合いいただけるのなら、幸いです。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008/06/01 22:09
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。