スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

100円

この不況下において元気一杯の企業がある。
ユニクロ、マクド、丸亀製麺などなどだ。
一時180円ラーメンやコーヒーのお店が広まったが、
安かろう悪かろう(まずかろう)ではリピートは期待できない。
消費者も目が肥えてきたし、この価値(品質)でこの価格なら、と
喜んで飛びつきリピートするのである。
そこで消費者にそっぽ向かれた場合、二通りの修正がある。
ひとつは品質を消費者が納得する価格に合わせる事、
もう一つはその逆で、その品質に見合う価格にすることだ。

ユニクロ旗揚げ時は安かろう悪かろう、長く着れないと惨々な評価だったが、
イオンをはじめ、慌ててその価格帯に合わせ始めた。
十分業界のプライスリーダーである。
「偉い人にはわからんのですよ」

マクドにしても無料でプレミアムローストコーヒーを出す。
コーヒーだけ注文する人もいるだろうけど、飲食においてロスは計上済みのはず。
捨てるか差し上げるかは、イメージ戦略で十分宣伝になるはず。
それを当事者でもない同業他社や異業種がどうこう言う筋合いはない。
常に顧客に対して新鮮なネタを提供し続ける立派に動けているリーダーだ。
動きもせずネタも提供できないところは、正直大変である。

これを我々の業種にも置き換えて肝に銘じておかねばならない。
先日も「どうしたらみなさんのように言う事を聞いてくれる患者さんばかり来てくれますかね?」
という問いがあったが、言う事に耳を傾けていただけるよう指導する事であって、
最初から言う事を聞く患者さんが来るわけではない。


京都国際マンガミュージアム
やっと覗いて来れた。
夕方からは100円で閉館まで入場できる。
学校の跡地をそのままなので芝生の中庭では
200円で一番搾りが飲める。
もちろん中の漫画も中庭に持ち出して良いのだ。
夏の暑い夜、家族連れが夕涼みににぎわっていた。
100円ならとこちらも大盛況であった。
研究室や資料室には興味深いものが並んでいたが、
手続きに時間がかかりそうで今日はやめておいた。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/08/26 22:27

地蔵盆

例年、何かの講習会か勉強会が入っていたりして、
大義名分、抜けさせてもらっていたのだが・・・

今年は地蔵盆の当番だ。
しかも何にも予定が入ってない珍しい日曜だ。
チビ達と夏休み最後のプールにでも行きたいが、
子供達にとっても地蔵盆は楽しみらしい。

普段仕事を理由に町内のお手伝いは家内に出てもらっていたので、
誰がどこの誰だかわからない。
ましてやチビちゃん達が、どこのうちの子かもわからない。

定年になった親父さん達が、近所に溶け込めないけど、
奥さんに「近所の人に挨拶くらいしなさい!」と
言われる気持ちがわからんではない。
だって誰が町内の人で、外孫連れてきている義理の嫁もいるし、
はぁ~~~っ!疲れました。

これなら普通にお仕事している方が良いです。
来年以降、お仕事ってことで、いいですかね?
わからんではない。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/08/24 00:26


「送り火」の意味は諸説俗説あるが、精霊が帰られるのに
送り火を灯しましょうという主旨だ。

うちでは「送り火」の時は宴が行われる。
ただビルの屋上へ上がって送り火を見て、
(写真は屋上からのもの)
治療室に戻って飲み食べするだけだ。
不思議とそのタイミングで必要な方々が参加している。
遠方から来られる患者さんが「送り火も見たいから」だったり
「ひとりでいたくないから」だったり、いろいろだ。
振り返ってみると過去に参加の皆さんが、
その当時偶然にもタイミングよく予約を取られていて
宴参加になっている。
もちろん現在も元気だ!
精霊達よ、みなさんの苦しみも照らして、
帰り道を導いてあげておくれ。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/08/16 22:42

新しい店舗

新しい物好きの私は、新しいショッピングモールが出来たりしたら
必ずといっていい程チェックに行く。
先日の髪の毛の失敗も新しいお店にチャレンジしたからだ。

駐車場の幹線道路からの入りやすさ、
モール内の人の導線がどうなっているのか、
入店のバラエティ(AEON MALLなどはどこも同じテナントが入っている)
トイレの数が適切か、使いやすいか、
インフォメーションのお姉ちゃんは細かく把握しているか、
スタッフ達の教育が行き届いているか、
休憩場所も多く、心地良く過ごせる配慮があるか、
などなどだ。

利用者の立場から
・渋滞にならない工夫
・設計者の意図するところがわかった
・最新の気遣い
を見つけたら感動してしまう。

別に私はマーケティングを生業にしているわけでもない。
しかしこれを治療院に置き換えてみたらどうだろうか。
何を見ても感じても自分の仕事に翻訳してみる。
会社員時代からそうだったなぁ。

来られる患者さんは常に新しさ(技、ネタなど)を求めます。
我々も慣れてしまうとマンネリの提供になってしまいます。
ここがサービス業として鋭敏に目を光らせておかないと
いけない部分です。

スタッフが勉強会などで上京したときに帰りの新幹線までの時間、
何を見、何を感じてくるかで、患者さんへの対応も変わってきましょう。
学技ともに重要ですが、いろんな視野と視点を持つ事が大事で、
これらは個人のセンスによるので、学校で教えられるものではないのです。

このあたりは、スタッフの成長度合いを見ていずれまた。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/08/13 01:15

こりゃまいった

今はあんまり人に会いたくない。
しかし患者さんには顔を合わせなければならない。
なぜなら気に入らない髪型になってしまったからだ。

理容師さんに要望を伝える。
ある程度は要望通りになるものだと思っていた。

がーん、こ、これって・・・

もうショックでなにも言えません。
えぇ、ありがとうございましたも言えません。
ただショックに打ちひしがれて帰りました。

混雑しているはやりの店舗の中に
ひときわ静かなお店がある。
なぜかな?
入ったときからペットの犬臭さ、
落ちた髪の毛の掃除のまずさ、
待っている理容師の話題の下衆さ、

いろいろ不安な要素はあったのだが、
散髪に行くタイミングが今しかないので、
時間も今しかないので、やむなし。

ひときわ静かなのには理由があった。
向かいの店舗の方は知っているのだろうか?
出てくる人達がどんな顔をして出てくるのか、
楽しんではいないだろうか。

あぁ~髪の毛伸びるまで人に会いたくないなぁ。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/08/06 02:10

今の子達って パート1

最近開業された歯医者さんの話。

「どうしたの背中バリバリですね」
「今度受付の子が辞めるんだ」
「なんでまた、開院したところなのに」
「受付以外の中の仕事をさせられるから、らしい」
「・・・・・・」

仕事って何だと思っているんだろう。
給料をもらうのは何に対する対価?

「仕事がない」とよく耳にするが、
「(私に出来る)仕事がない」
あるいは「(私を使ってもらえる)仕事がない」
のであって、( )の部分は声に出さない。

だったらスキルアップのために努力をする、勉強するといった
考え方にはならないらしい。
それでもなんとなく食べて行ける世の中が悪いのか。
生きるために必死になることを忘れたら、
不安定なクニでは即死だ。



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/08/04 07:05
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。