スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

試作品のうちのひとつ

昨年末になるかなぁ?懇意にしている小児科の先生とハペ、ソマシリーズのプレゼンというか、
情報提供としていろいろな使い方を提案していたときのこと。
ハペロールVEの副作用なしに皮膚を改善させることができる可能性に大変関心を持たれ、
その話を聞いている間中、ハペタッチの「おむすび」をにぎにぎしておられる。
「ねぇ木馬さん。このおむすびって精神不安定の人に握らせたら良さそうだよね。
うちも診察中に落ち着かない子に握らせてみようかなぁ」

、それは落ち着きますね。(賢明な読者ならなぜ落ち着くのか想像ついていると思う)
残念ながらお試しとしてお渡しできるのがないので、ちょっと年明けてからにしましょう。

だったのが確定申告も終わり、小児科も冬のインフルエンザや胃腸風邪も落ち着いたので、
おむすびをお渡しして(結局ご購入頂いたのだが)診察時にこどもを何かに集中させようと
おむすびを渡したところ、なんと瞬殺!!強く引っ張っちゃったら破けちゃった。
私の知り合いのチビちゃんも渡したとたんに、
良いおもちゃだとばかりに引っ張っちゃったら破けちゃった。

間違えないで下さいね。決して製品が弱いんではないのです。本来イレギュラーな使い方ですよ。
使用説明書にも「優しく柔らかく軽いほど効果的です」と書いてます。
6ヶ月くらいの赤ちゃんや小児科に通うくらいのちびっ子に「優しく柔らかく軽く」は通じません。
大人が気をつけて使うモノですが、子供は興味津々触りたがります。
気持ちよいから自分でやりたがります。

そこで村上樹脂工業さんに状況と事情を説明してイレギュラーな使い方ですが、
ちびっ子用に引っ張りに強そうな策を練って頂きました。
試作品おむすび
それがこの写真です。(クリックすると拡大します)
これはさすがに瞬殺とはいきませんね。ネットのおかげでちょっとごわごわするので、
子供達の反応はまちまちだと思います。
もうしばらく小児科の先生とお互いの使用感をやりとりしてみます。

泣き止まないチビちゃんや癇癪を起こすチビちゃん、不思議と落ち着きます。
大人でも情緒不安定なときなど「おむすび」にぎにぎしてみませんか?
落ち着きますよ、癒されますよ~

* 尚、治験の結果、感想はあくまでも個人の主観であり、万人に同じ結果が出るわけではありません。
  だからこそ各人で追試して、是非自分の感想をお持ちください。
スポンサーサイト
ハペ、ソマ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/23 22:20

歌の力

被災地で急激に人気が出ているのがなんと
「アンパンマンマーチ」

赤ちゃんやちびっ子達で知らない子はいないほどの
国民的人気スター「アンパンマン」のオープニングソングだ。
生みの親やなせさんが作られたそうだ。
簡単でわかりやすい歌詞、年配の方も勇気が出るそうだ。

あるラジオ局が現地からリクエストされるベストテンを発表していたが、
順位はどうあれ「上を向いて歩こう」「アンパンマンマーチ」
「i wish for you」「ふるさと」などだそうだ。

私のおすすめは高橋優の「福笑い」です。
~きっとこの世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う~

この一週間めっちゃはまってしまいました。
こんな時期だから、というだけではない
今必要なエネルギーを感じました。

と、ブログに書きたくてちょっと検索したら今週パワープレイされてたのね。
仕事中はFM聞いたりしないから知らなかったよ。
みなさんは既にお聞きの曲だったんですね。

歌の力だけで何とかなることじゃないけど、
歌に連鎖する各々の思いが、何かのプラスになりますように。
万事雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/21 09:16

我々のできること

佐渡の先生のブログにて、我々治療家に必要な対応の一つの方法が書かれていました。

こういうときに各師会や団体は率先して行動を起こせるといいなぁ。
ただ年会費集めて、保険に入れて、○○会所属って言えて、会報が送られて、くらいのものだ。
勉強会や全国大会があっても参加する人や発表する人にはポイント稼ぎになるだろうが、
地方にいて参加するのも大変だったりする人には会に所属しているメリットはあまりない。

だからこそこういうときに会が動いて地方自治体や国と話をし、何らかの治療援助が
できる方法を画策し、会員におろしていくようなことはできないのかなぁ?
会員のために、っていうけど被災地の先生方に何らかの保証でもするのかしら?
そんな連絡すら届かないと思います。
国が与えた医療系資格です。役に立ちたいと思っている人もいるはずです。

私は阪神のときに「整体は無資格だからだめです」と断られた経験もあります。
もちろんだまって帰っていませんが(笑)誰も免許証を見せていなかったので、、、。
そんな無資格の私の所属する会でも支援に対する行動を取っています。
できる範囲で行動することが大事なのに
机の上で顔つきあわせていても答えはでないね。

一人で行動を起こすサムライがいるのにね。

万事雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/21 01:32

卒業式

卒園式


鍼灸学校をはじめ、国家試験を受けられた方達の4年制以外の方達は卒業式ですね。
おめでとうございます。

うちは下の娘の卒園式が先日ありました。
3月も5週目に生まれたので年少さんで入ったときには
小さすぎて赤ちゃんのようにみんなにかわいがられた。
そこでお姫様気分を味わってしまったのか、メキメキ成長した。
卒園の頃にはそのギャップもだいぶ埋まり、
「立派に成長したなぁ」と感慨深げにこみ上げる思いを喜びました。


しかし式典の途中で国歌斉唱になると驚いた。
まず、園児が歌わないのだ(そこですか?というツッコミはありです)
先生方も来賓の方も一部小声で、あるいは口パクで、しかし大方歌っていない。
いわゆる君が代日の丸の強制反対!ってやつ?
私はしっかり声を出して歌いましたよ。
チビに後から「とうちゃんあの歌知ってるん?何で歌えんの?」
子供達が歌わないということは教えてもらってないってことだった。

文部省唱歌(文科省唱歌とは言わんらしい)も最近はものすごく減ったし、
「♪白地に紅く日の丸染めて、あぁ美しい日本の旗は♪」も
今となっては教えられることもないのだろうか?

この震災で外国で活躍する選手達が日の丸に
「がんばろう東北、がんばろう日本」とメッセージを添えてるのが、
ニュースで報道されたり、各国の新聞やニュースが日の丸をバックに
文字を日本語で埋め込んで応援メッセージを下さったり。
オリンピックや世界大会の表彰式で日の丸を見て、
「よくやった~」と熱くなるんだから、素直に使おうよ。
反対するだけでなくニコちゃんマークでもなんでもよいから、
全国民が世界に出して納得できる旗や歌を提案して下されば、
「今後はこれが日本の旗だ!」と納得します。
国歌も同様です。

希望できるならもうちょっと明るめでポップな感じの曲調が好みです(笑)

震災の影響で卒業式、卒園式が粛々と中止になった方もあると思いますが、
一つの区切りとしておめでとうございました。
万事雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/20 23:24

この災害時、何を出す?

 『知恵がある奴は知恵を出そう、
  
  力がある奴は力を出そう、
  
  金がある奴は金を出そう、
  
  
  自分は何にも出せないよ
  ・
  ・
  ・
  っていう奴は元気出せ!

とは、ちーさまのコメントだ。


毎日悲惨なニュースしか入ってこないし、
専門家は解説しているなら現地で指導してほしい。
それぞれのメディア発表や有名人の発言にバッシングしている
暇があったら現地で身体動かそう。

その体制もまだ整っていないけど、、、。

来られる患者さん達も、「何ができるか考えつかない」とおっしゃいます。
「考えつかないのに何かをしようとするのは、いい人でいたいエゴだよ」
と話をします。バッシングを受けそうなネタになりますが、
背伸びした何かではなくて、できることは今普通にできること。
みんな何かしたいと(心ある方は)思っています。
私の従兄はハイパーレスキューで原発に向かっています。

被災された方たちも自分たちでできることに気付き動き始めた。
幸いにも無事だった我々は、そのことを素直に喜び、かみしめ、
そして元気に粛々と生きることが、大事なんじゃないかな。

一刻も早く事態が収束、復旧されることを願って、私は生きています。
万事雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/19 01:21

やっぱりデマ

本日の新聞発表で、関電から上記メールがデマであることが明言されました。

節電は協力するけど、疑わしきメールは流さなくてよかったぁ。

いろいろな情報協力ありがとうございます。

こういうときにもネットワークってありがたいと思います。

ツイッターを追いかけツイートすることで、かえって混乱を招いたり、
不確かな情報に怯えたり、瞬時の判断を誤らせたりすることのないように
したいものです。
万事雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/14 09:27

この災害時に

東京で治療院をやっているある仲間は地震当日、
「電車が全て運休になって帰れない方は
治療院にてお過ごし下さい。電気とトイレは使えますので
暖を取って過ごせます。」と、
患者さんに治療院を開放していた。

この機転、被災経験がないにもかかわらず素晴らしいです。

テレビのインタビューでサンドイッチマン伊達さんがとても良いことを発言された。
「被災地の状況を流すより避難されている方をどんどん映して欲しい。
電話を含む連絡が取れずに安否を気遣われる遠方の方のためにも、
また悲惨な状況ばかり流されてもショックを受け途方に暮れるだけ」

くしくも報道というよりむしろワイドショー化していて胸が悪い、
フジのチャンネルで唯一まともな現地からの情報だった。

こういうときにこそ、と思い、
引きこもりがちなあるスタッフに提案した。
「現地に行って何かできることをやってきたら?
今、特に仕事してないでしょ」


「無理っす」








一日も早いライフラインの復旧と復興を祈っています。
万事雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/13 22:54

また、あの惨劇が!!

地震の被害に遭われた方、避難中の方々の少しでも早い復旧と安全を祈っています。

北海道、東北、関東地方なのに、拙治療院もあまりにも長い揺れだった。
最初はめまいか?ふらつくなぁ?と思っていたら地震の揺れだった。
すぐ終わるだろうと思ったら、いつまでも止まらない。
いい加減気持ち悪くなってしまいそうだ。
こういうときは患者さんにも揺らしがよい。
帰りはエレベーターが途中で止まってもいけないので、階段で降りていただいた。
治療家としてまず第一優先は患者さんの安全だ。
自分が真っ先に逃げるようではいけない。
ベットの下に物を置いていると潜れないことにも今回気付いた。

北海道、東北、関東地方の治療仲間達の仕事場は大丈夫だろうか?
まだ連絡の取れない仲間もいる。
原発事故はシャレにならない危機が迫っているはずだ。
案じている。
万事雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/12 01:25
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。