スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

久しぶりに東京へ行きました

sakura

悲壮感が漂い気持ちが落ちているときにこそ美しいモノが見たい。
そう思って花粉症なのにサクラの下でお昼ご飯を子供達と食べてきました。
4月10日のサクラです。最近のコンデジってバックをぼかしてめちゃきれい。
ただゆっくりと流れるわずかな時間を味わい幸せに浸っていました。

そして17日の日曜は久しぶりに東京へ上京です。
いつもより空いている新幹線に乗り、いつものように爆睡し、
いつものように富士山のタイミングで拝み、また爆睡(笑)
帰りは節電モードの地下道、地下鉄の暗さに薄気味悪さを覚え、
いつも満席息苦しい車内が妙に空いている。
ディズニー帰りの客が少ないからだ。パレード無く早い時間に閉園だもんね。


午前中に所用を済ませて寺子屋へ。
いつもと変わらぬメンバーのお顔を伺い、元気に再会できることに感謝してみたり。
そして今回のテーマの最終回は、本屋さんの死生観を語りつつ
治療家としての我々の生き様を問いかける、とても奥深い内容でした。
浸透度合いは各々の理解度において違うと思いますが、
何年か参加させて頂いて一貫しているのは、
「しっかり自分の足で立て」「私はこう考えている」
「あなたはどう考えているのか自己表現しなさい」「肉体無くして技は無し」
「患者の身体で練習するな」「言われなきゃわからないものは言ってもわからん」
「考えるより身体動かせ」「見えないモノより目の前の現実」、、etc.
実にすがすがしい。これらのキーワードが至る場面でよみがえるはずです。
その都度、捉え方が成長している自分に気づけると、とっても良いですね。
また、そうありたいですね。

今回の中でもとりわけ「新しい技をどうやって練習していますか?」という問いかけに
会場の数人が答えていましたが、私を納得させてくれる回答は出ませんでした。
本屋さんもあえて答えを出さなかった気持ちがわかります。
うーん、、、、、。

きっと

いつかは

、、、、、

であって欲しいなぁ、と望んでいます。



スポンサーサイト
万事雑感 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2011/04/18 23:43

ほんと○○だったんだ

好きなアーティストのうちの一人がやってくれました。

ほんとウソだったんだぜ


7日に見つけてUSTREAMでの生ライブへの宣伝だと思ってたらネットでも話題になっちゃった。

清志郎も原発問題を歌にしてあるレコード会社からは発売できず、
違う会社から出してヒットチャート1位になったりしたけど、
利権がらみで本当のことが言えない時代にガッカリします。

もう一月にもなるのに事態の収束を感じない。
汚染水垂れ流しなんか、子供でもわかるようなやってはいけないことを平気でやってしまう。
気象研究所の青山道夫主任研究官は「今の科学技術では一旦出した放射性物質の回収は難しい」
とおっしゃる。
人間が作り出したモノで回収できないモノって不思議だね。
自然界が浄化できないモノ(プラスチックなど)をたくさん作ってきたのは人間。

人間が作り出したもので人間やそれ以外の生物が苦しめられる。

これも業なのか、、、、、、。


万事雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/04/08 00:54
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。