スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

11月寺子屋補足

わずかな時間とはいえ本屋さんの代うちとなると緊張感あふれるものだった。

今回の講義テーマにかかわらず、寺子屋の主旨である
「身体をちゃんと扱えるようになる」ために
本屋さんが身体作りから各種手技療術のルーツまで紐解いて来られた講義の底にある、
•なぜ身体作り、動くようになることが必要か
•嫌感のない把持の仕方
•身体の使い方
•嫌感のない刺激の仕方
•身体の連動性
•動きのシンクロ性

これら一貫していることが全てつながるようなプチ講義を、と考えていた。

しかし、今回の講義の中の説明で誤解されやすい点があったので、
自分で調べることも勉強になるんだが、補足したい。
気づいた人だけわかればよい、と「間違ったこと言っても、
誰も指摘しないんだもん」とは本屋さんのいつものセリフ。

小胸筋のコリを取るのに自動法と脚から取るのと肘からとるのと見せました。
その中で脚(大腿骨)を内旋させて、ちょっとテンション掛けて取るやつの
説明の中で、「腸腰筋~広背筋~小胸筋の連携」と話したのだが、解剖学の本だけだと
小胸筋だけの起始停止だと肋骨上部と烏口突起になって上腕骨についてないじゃないか、と
つっこまれます。
ところがよく勉強されている方は広背筋が肩甲骨下部につながり、小胸筋が
肩甲骨下部を広げる動きとしてつながっていることまで知っているはずです。
初学者には小胸筋と一緒にへばりついて動く大胸筋の付着部が上腕骨でしょ、
の方がわかりやすいのかな。
だけど肩甲骨の下部を広げる動きってのがミソで、肘を外に開いて上腕を内旋させると
肩甲骨下部が開くことにも気付いて欲しい。

このプチ講義でなぜ先達がやってきた自動法やスットン療法が効果が出るのかを
探究する足掛かりになれば幸いである。
表面の動きだけ見て、「こんな風にやってたな」ってやってもある程度効果あります。
しかし、その底にある連動性を知ってやると、決めるべきポイントが明確になるので、
効果は赤い彗星のようになります。


ちっ、そんなの全部知ってたぜ!って心の舌打ちを全身に浴びながらのプチ講義でした。
ご意見お叱りは真摯に受け止めますので、コメ欄面倒ですので凸メで。


そんな事はさておき、本屋さんの今回の講義も凄いエッセンスが詰まってました。
前回の宿題の答え合わせから、足首回し、伏臥でのスットンなど、
これの真意をわかって使えたら、応用次第でどこにでも効かせれる技でしたね。
伏臥スットンなど大腿骨の開き方、骨盤上に置く手の位置、スットンのベクトル、
どうしたらどこに効くのか、お互いで練習したいものですね。
ただし、仙腸関節、腰仙関節に異常のある方や、手の置き方によって
腰痛を作ってしまう場合があるので、それも知っておきましょう。

スポンサーサイト
講習会など | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/11/19 06:16
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。