スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

鹿児島から帰りました。

結果的に鹿児島は3日間とも雨の中。
どれが桜島?霧島っていうだけに霧の中でした。
飲みやすい芋焼酎や方言まじりの話がなければ、
周りは真っ白で、鹿児島だか六甲だか箱根でも変らん。

ホテルの支配人が25年前に師匠の元へ治療に来られていた
話から、そんな方々ならば、ということで、ホテルへの道中に寄ってくれました。
坂上から
『塩浸温泉龍馬公園』
なんでも龍馬とお龍が新婚旅行の時に歩いた坂だとか。
ものすごい勾配です。
下まで降りると足湯ができる公園になっており銅像がありました。
銅像
そして公園から足湯の屋根を入れて、今降りてきた坂道の勾配をわかるように撮ってみる。
坂下から

そして理事会、次の日から全国講習会へと続くのだ。
今回は25年ぶりに鹿児島で開催された、と会頭からあいさつがあった。
九州は徹底して同じやり方、山本操法を軸に活動されている。
私も修業時代に山本先生がご存命の時に直伝で学ばれた先輩たちに
コツを教えていただいたことがある。三指半リモコン操法などだ。
山本先生のカバン持ちをしながらしっかり学び、現在も継承されている
谷山先生を中心に往年の技をご披露いただいた。
昔の私なら見よう見まねでやってみるんだろうけど、
どこを狙って、ポイントはここ、なぜそのように変化するのかもわかってきた
現在の自分の視点で見させていただけた価値は大きかった。
不思議なもので自分の普段の技の中にも自然にアレンジして使っているものが多かったのは、
昔の技に畏敬の念を抱き、継承できるよう大切に使ってるから??(自己満足

詳細のレポートはまた雑誌用に書かなければならないので、このあたりで。

鹿児島は雨でも雲の上は美しい。
雲上
ハイジではないが、雲にそのままダイブしてみたくなるのは私だけではないはずだ。
雲の上の視界を眺めていると、地上で行われているいざこざやストレスに思うことも、
雲海の上は誰にも平等であったりして、つまらないことに捉われているな、と反省させられ、
地上を汚しているのもエコを看板にしたエゴな人間のやっていること。
せめて雲海のイメージが脳裏から消えるまでは、穏やかでいようっと。

スポンサーサイト
講習会など | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/10/26 22:34
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。