スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

北海道より柔道整復師来る!

リンクを貼らせていただいている佐渡の萩原先生
萩原先生の切り口がまた、たまらなく心地良いんだわ。
今まで手技療法や療術などで、
「こんな感じでやります。」
「なんでそうするんですか?」
「いや、そう教わってきたからです」
みたいなうやむやな説明が多かったり、根拠がなかったり、という技を
なるべく成功率を高くできるようにと、科学的にも脳神経的にも筋肉生理学的にも
心理学的にも薬学的にも食養的にも体育的にもetc.
とにかく多層的に反証しながら患者も納得できる方法を模索される達人だ。
もちろん技も素晴らしいし、工夫と努力が計り知れない。
その基礎になる身体の鍛錬もぬかりない。
心・技・体の三位一体から繰り広げられる技は枚挙にいとまがない。

そんな先生の「講義を受けよう!」ってことで、東京の寺子屋主催者うさぎ堂主が企画された
『直伝講習会』に北海道から参加されていた柔道整復師のお二人。
講習会の後の懇親会でも何度か顔を合わせたぐらいであった。
治療中に「今度奈良に行くので均整法を受けてみたいのですが」という電話。
あいにく希望日はすでに詰まっていたので、一旦断ったんだが
その後にメール受信「『木に学べ』を読んで法隆寺を実際に味わっておかんといかんと考え
奈良に行こうと計画しました。そこでそのタイミングで味わえればと思いました」と。

いいじゃない、いいじゃない。
俺そういう行動力持ってる人達大好き
ちゃんと筋を通してコンタクトを取ってくるのもいいよね。
実際開業されてたくさん患者さんのファンを作っているのもうなずける。
んで、彼らの気骨にお応えしようと患者を終えてからのプチ講習会。
あっという間に3時間経ってた。
また彼らも熱心なのだ。均整法における身体の捉えかたとルール?公式?(笑)
をベースに、その公式に当てはめて、筋肉、骨格、神経、内臓と切り分けながら
見ていくこと、実技としても整骨院で即使えそうなものを実演してみました。

すごい土産を持ってきてくれたので、嵩の張らないおみやげを味わってもらいました。
異種格闘技戦ですが、へーそんなんでも身体って変わるんだ、という
人体がまだまだ秘めている可能性に興味を持ってもらえたら最高です。

また、勉強会で会いましょう。

そして我らが仲間は福岡にて手技研究会がこの時間、繰り広げられている。
スポンサーサイト
ある治療院の出来事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/10/31 23:56
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。