スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

6月29日は刺絡学術大会の日


うっとうしい梅雨空のこの時期には刺絡療法が魅力的ですね。

大阪学術大会の開催日が今週末に迫ってきました。

東京、高知と続きまして今回の会場は大阪森之宮、

ということで関西周辺の方はより参加しやすいのではないでしょうか。

まだ間に合います。当日受付もあります。懇親会は人数の都合で

無理かも知れませんが、そこで人間関係がものをいいます。



刺絡に関してはそれぞれの考え方があると思いますが、

臨床上大事な場面で絶大なる効果を発揮してくれることも

少なくありません。

鍼灸そのものの姿が元来、野蛮な治療法である限り

(現代においては衛生面の厳格な管理は必須だが)

避けて通るより正しく理解し、自分で判断し、

自分の治療法の引き出しの一つになるか、

そうならないかはご自分で判断されるべしである。



各学校においても全日本鍼灸学会や

日本鍼灸師会などのイベントに参加させたりするくせに、

全日本鍼灸学会や日本鍼灸師会が後援している

刺絡学会学術大会を宣伝しないのは不思議だ。















































日程





■日時:平成20年 6月29日(日) 10時~17時

■会場:
森ノ宮医療学園専門学校 
学術大会テーマ





■「簡明刺絡鍼法」 ――治療の切り札――
○会長:安雲和四郎 (日本刺絡学会会長)
○会頭:森俊豪 (森ノ宮医療大学理事長)
○副会頭:南利雄 (日本刺絡学会理事)
○実行委員長:尾崎朋文(森ノ宮医療大学准教授)

             尾崎先生申し訳ありません。漢字が表記できません。

             尾崎先生の「崎」は大きいではなく立つの「崎」です。

             

ごあいさつ





刺絡が歴史から見ても鍼灸の業務範囲であること、安全に行えば問題なく、

有効であることは実証されていることを認識してもらうことが重要と考えます。

今回は、大会テーマを「簡明刺絡鍼法」―治療の切り札―と題して開催いたします。

内容は安雲和四郎会長の講演「刺絡の歴史とその現状」、森俊豪会頭の講演

「教育現場における刺絡」、教育講演では山下仁先生の「刺絡の利益とリスクのバランス」

など、刺絡を取り巻く環境についての講演を予定しています。また、パネルディスカッション

では、関信之先生の司会で、刺絡を臨床の現場で実施している南利雄先生、西田皓一先生、

勅使河原悦司先生、間純一郎先生の治療の切り札を披露していただきます。

刺絡が鍼灸治療の引き出しの一つとなるよう、この機会にぜひ皆様のご参加をお待ちしています。

第17回日本刺絡学会学術大会               

実行委員長 尾崎朋文
メッセージ
日本刺絡学会学術大会は今年で17回を数えます。刺絡鍼法は法制度が

改正されたにもかかわらず、鍼灸師の業務範囲ではないと言う誤解を生み、

教育も行われないという時代がありました。日本刺絡学会の前身である刺絡問題

懇話会は日本民族の貴重な遺産である刺絡鍼法の消滅を恐れ、日本刺絡学会

を設立しその技術や理論の継承発展に努力してきました。現在では多くの方々

が入会され、刺絡基礎講習会に参加し、認定を受けるなど、その活動の成果が

現れています。若い会員さんの増加も頼もしい限りです。今回の学術大会も多くの

臨床に有用な情報の発信を予定しています。多くの臨床家のご参加をお待ちいたしております。

日本刺絡学会

会長 安雲和四郎


プログラム(←詳細はクリック)










































後援





全日本鍼灸学会
日本鍼灸師会
日本鍼灸マッサージ師会
森ノ宮医療大学
森ノ宮医療学園専門学校
お申し込み





事前申し込み 会員5,000円 一般8,000円 学生3,000円

当日申し込み 会員6,000円 一般9,000円 学生4,000円

懇親会 8,000円

下記郵便口座へお振込みください。当日は、受付にて振込み票の控えをご掲示ください。

(参加種別、懇親会出席等を備考覧へご記入ください)

ゆうちょ銀行 口座番号00910-7-86130 日本刺絡学会 大阪学術大会

※参加申し込み後、お取り消しになられても参加費・懇親会費はご返却できませんので、

ご了承下さい。

※当日受付もいたしますが、混雑しますので、なるべく口座振込みをご利用ください。
大会事務局




第17回学術大会事務局

〒538-0034 大阪市鶴見区徳庵2-1-47 徳野鍼灸院内

Tel/Fax06-6911-3526

E-mail
17th.shirakugakkai アットマーク gmail.com

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008/06/24 00:55
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。