スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

はじめてのanniversary

結婚して13年目にして初めて記念日に記念らしいことをしてみた。
いや、ただ子供たちが学校に行っている間に食事をしに行っただけなんだが。

いつも開業日と結婚記念日と思い違いしてしまう。
今回も思い出してよかった。うっかり過ぎてしまったり、
なにもコメントしなかったら大変なことになる。
ならないかも知れないが、きっと胸の奥でショックを受けるだろう。
そこで今回は珍しく予定の入っていない休診日を使って、
阪急・苦楽園口にオープンされた「kaisekiなかむら」を予約した。
料理長のこだわりと間違いない技術、おかみさんの雰囲気、
お二人が自分たちの店のために下積みしてきたキャリア、
それらのバックボーンを知らなくても、誰に紹介しても安心できるお店だ。

例えば前菜はこんな感じだ。


そしてお造り


とろみのついた吸い物を挟んで、海老芋だ


なんと料理長から「結婚記念日と伺っていたので」と伊勢海老だ~


家内の親父さんが大工で「子供の頃から上棟式のあと必ず鯛で、鯛に執着無い」
ってな話しをしていたことを覚えておられ、
「祝いには鯛ですが海老にしてみました」だそうです。
我々もここまでの気遣いが必要ですよね。全くもってあっぱれ

そして箸休め、ご飯と進みデザートがこちら

開けたらドーン!!
なのですが、秘密にしておきます。
随所に料理長のこだわりと見せ技が披露されますので、ご自身でご確認ください。
もちろん、ささやきブログを読んだと言って頂いても結構です。

本当にゆっくり過ごせた記念日でした。
これからもみなさんのお力になれるよう夫婦共々、精進しますよ


「kaisekiなかむら」
662-0075 西宮市南越木岩町6-7ラポール2階
tel&fax  0798-72-7861
阪急甲陽線「苦楽園口」歩いてすぐ いかりスーパーのすぐ近く
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/11/26 00:22

タオイズム・アート

皆さん、肉練は続いていますか?筋肉痛の脚を引きづり
久しぶりに天王寺公園内の市立美術館に行った。
駅を降りたらいきなりこの場面。

な、なんだぁ?天王寺城?その向こうにあるタワーはもしや・・・
交差点を渡って公園入り口前では既に昼間から飲んでたりひなたぼっこなど別世界。
天王寺公園は有料公園なのだが今回は美術館のチケットを持っているので見せて入ります。
中をゆっくり歩いて到着です。

正面玄関から入る前に真後ろを見てみると、

これが天下の通天閣タワー!この下に広がる新世界をご存知の貴兄も多いであろう。
そして、いざ入場である。

美術館内は撮影禁止のため写真はここまでです。
道教の世界観を表す作品ばかりなのだが、個人的には仁和寺合宿のときに交渉したものの
見せて頂けなかった「太素」「明堂」が拝見できたこと、半井家本の「医心方」も実物を
拝めたのは初めて。道教ちゃうやんというツッコミは無しの方向で・・・
十王図や宿星図、三教図なども、今日の仏事に影響しているがわかります。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/10/23 01:24

天命反転地

前々から気になっていた。
だまし絵みたいな構造物のアトラクションだと思っていた。



子供達には結構きつい場所だった。
しかし治療家には必要な要素が詰まっていた。
まっすぐ歩けないのだ。
まっすぐ歩いているつもりが、片寄っていってしまう。
私の治療理論では片寄る反対側に重心移動させてやればよいので、
意図的に反対側に重心移動するよう自分に刺激を加えてみる。

全然だめだ。やっぱり同じ方に片寄ってしまう。


二目平視が出来ていないのだ。いやしているつもりが、
視線の先にある歪んだものを基準に見るので、
頭の中が混乱をきたすようだ。
人間の頭ってよく出来ている。
勉強の暗記などは苦手でも、こういった平衡感覚を踏まえた
経験的感覚は脳の別の次元を使っているようだ。
こうなると脳が感じている痛みを遮断する施術に近いものが
必要になってくる。
ね、治療家に必要な感性が磨けそうでしょ!

でも天気が良すぎて日陰がないので、大変でした。
この写真だけならどこか異国の空にも思えてくる。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/09/08 00:02

今年の多賀大社をお届けします


写真の多賀大社前駅を見ると懐かしい方もおられるかも?


毎年9月の第1土、日は多賀フォーラム!でしたね。
5年連続全5回、開催された旧和方鍼灸友の会主催のイベント。
毎回毎回、武術、霊術、宗教学、技術の古典まで講義を受け、
散鍼から巨鍼までの実技があり、夕食時の宴会ネタ、
宿を取ってからの二次会で朝まで語っていましたね。
その他の会の全国大会より遥かに亜東書店さんの売り上げがあったり、
各界の先生方とお近づきになれたり、遠方の先生と知り合いになれたり、
フォーラムを通じての思い出が、参加された皆さんにはあると思います。

で、写真は今年の多賀大社です。


開催中は時間に限りがあり、駅までの道を歩いたり、
境内のおそば屋さんを覗いたりする時間がなかったけど、
こんなにゆったりとお多賀さんで過ごしたことはなかったなぁ。

最高の天気のもと、お詣りする3人の侍!


最後まで満願できたことと、多賀法印のもと
一緒に楽しめた事を感謝して御礼申し上げて参りました。

すると、見なれた先生ともお会いしました。
やっぱり何か感じるものがあったのでしょうね。
きっと新たなご利益が降臨する事でしょう。

この土日にお詣りされた方々が他におられれば、
コメント欄に匿名でも結構ですので、ご一報くださればうれしいです。

そして私も新たにお多賀さんのパワーを頂いて帰ったのでした。
いつの日か、リターンズを期待して・・・

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/09/07 08:18

100円

この不況下において元気一杯の企業がある。
ユニクロ、マクド、丸亀製麺などなどだ。
一時180円ラーメンやコーヒーのお店が広まったが、
安かろう悪かろう(まずかろう)ではリピートは期待できない。
消費者も目が肥えてきたし、この価値(品質)でこの価格なら、と
喜んで飛びつきリピートするのである。
そこで消費者にそっぽ向かれた場合、二通りの修正がある。
ひとつは品質を消費者が納得する価格に合わせる事、
もう一つはその逆で、その品質に見合う価格にすることだ。

ユニクロ旗揚げ時は安かろう悪かろう、長く着れないと惨々な評価だったが、
イオンをはじめ、慌ててその価格帯に合わせ始めた。
十分業界のプライスリーダーである。
「偉い人にはわからんのですよ」

マクドにしても無料でプレミアムローストコーヒーを出す。
コーヒーだけ注文する人もいるだろうけど、飲食においてロスは計上済みのはず。
捨てるか差し上げるかは、イメージ戦略で十分宣伝になるはず。
それを当事者でもない同業他社や異業種がどうこう言う筋合いはない。
常に顧客に対して新鮮なネタを提供し続ける立派に動けているリーダーだ。
動きもせずネタも提供できないところは、正直大変である。

これを我々の業種にも置き換えて肝に銘じておかねばならない。
先日も「どうしたらみなさんのように言う事を聞いてくれる患者さんばかり来てくれますかね?」
という問いがあったが、言う事に耳を傾けていただけるよう指導する事であって、
最初から言う事を聞く患者さんが来るわけではない。


京都国際マンガミュージアム
やっと覗いて来れた。
夕方からは100円で閉館まで入場できる。
学校の跡地をそのままなので芝生の中庭では
200円で一番搾りが飲める。
もちろん中の漫画も中庭に持ち出して良いのだ。
夏の暑い夜、家族連れが夕涼みににぎわっていた。
100円ならとこちらも大盛況であった。
研究室や資料室には興味深いものが並んでいたが、
手続きに時間がかかりそうで今日はやめておいた。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/08/26 22:27
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。