スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ふくらはぎの問題

先ほど萩原師匠からふくらはぎの問題についてご教授いただきました。

要約すると都会のせいにするな!ということです(笑)
いやいや、脳のリラックスによるリプログラミングにもっと大事なもの
それは「睡眠」を忘れちゃいかんよ、ってことです。

確かに寺子屋を含む講習会の時は睡眠不足のピークかも知れない。
毎回、始発の新幹線に乗るためには治療院に泊まります。
始発まで時間があると思えば、普段できないことをやったり、
ギター弾いて遊んだり、一人上手なんです。ソロプレイとは違いますよ
結局新幹線に乗ってから睡眠。

そして前乗り前泊の場合もやっぱり明け方近くまで○ンポジやってますし、
帰りの新幹線でさえ楽しんでしまいますから睡眠不足状態ですね。

どっちが身体に楽なんだろうと考え、先週は往復夜行バスもチャレンジしてみた。
最近のバスのサービスと値段とシートの工夫を考えたら、歳甲斐も無くこれも有りかと。
消灯時間になったらメールさえ禁止という状況。もう寝る以外無いので
睡眠は一番しっかり取れました。
そのときは別の会の講習会で記録係としてずっと立ちっぱでビデオ回したけど、
そういえば普段よりマシだったような、、、?

よくよく考えれば腓腹筋の引き攣れ(こむらがえり)を胸椎9番刺激して取ったり
することを考えると、腓腹筋と肝を通じて睡眠も関連ありそうだ。
*勿論、睡眠の要素は腓腹筋だけではありませんし、9番の関連性は腓腹筋だけではありません。

さらに萩原師匠からの指摘で「運動不足なんじゃ!」という教えも頂戴しました。
わしは今年の稽古でだいぶ身体を動かしているので、随分違うぞよ、とも。

我々の施術方法や姿勢でだと、一定の動きが多くなるので筋肉の使い方が片寄るんですね。
ついでに私は性格も片寄っていますが、、(恥)
全体的に身体を動かす、ないし治療姿勢で使わない筋肉を使ってあげないと積み重なるんでしょうね。
天皇陛下がお泊まりになられる周りとかを結構走っているんだけどなぁ。


結論的にふくらはぎがパンパンになるのは、
睡眠不足のせい → 質の良い睡眠を心掛ける。
運動不足のせい → 施術以外の筋肉を使ってやる。
これらをちゃんと考慮して精査してから都会のアスファルトのせいにしろ!ってことです。

都会ちゃん、都会ちゃんのせいにして申し訳ありませんでしたm(_ _)m

その他にも様々な視点からのアドバイスをいただきましたが、ブログ公開用としては
このあたりでご容赦ください。


萩原師匠~!例の件、普段から説明しながら無意識にやっていますが、
仰せの通り、順番も気になりますので、私も意識的に治験していきますよ~


万事雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/09/21 01:48

夏の思い出

久しぶりのブログ更新には訳があるんだが、期待して待っていた諸兄には申し訳ない。
今回は全く身体も治療も関係ないのでスルーしていただきたい。



子供の夏休みの宿題のために(めっちゃいいわけ)
青春18切符を使って普段使わない路線に乗ってみた。
なかなか一緒にいてやれないので、男同士の二人旅記だ。



6:58  「京都」駅湖西線 近江今津行快速発車

快速っていうから期待したら古いぼろぼろの電車だった。
ドアにはボタンが付いていて、駅に止まると乗り降りる人だけ「開」ボタンを押してドアを開けていた。
冬の寒いときや雪の時に停車中、全部のドアが開くと寒かったり雪が入ったりするから、
人が乗り降りするところだけ自分で開け閉めするのだが、
初めて乗られた方は大抵電車が止まってもじっと待っておられる。
電車の発車合図であたふたされるので、地元の人が「ボタン押しや」と声を掛ける。

   
8:03  「近江今津」駅到着 
電車が古いからかモーター音がうるさく、シートも古くて乗り心地が悪かった。
駅の周りは何もなくなんで近江今津駅で電車の乗換駅になっているのか不思議だった。
   
8:14  「近江今津」駅 福井行き普通発車
福井行きの普通電車の方が新型でスムーズに静かに快適な乗り心地だった。
この電車にも開閉ボタンがついていた。
乗ってきたのと一緒に

   
8:48  「敦賀」駅到着
「近江塩津」駅で北陸線に乗り換えて琵琶湖周りをぐるりと回る予定だったけど、
近江塩津駅で米原行きの電車を待っている時間で「敦賀」まで行けて、
その電車に乗り換えできることがわかったので敦賀まで行った。
通過駅を見ていると三脚を構えている人が多く、特別電車とか走るのか気になって
駅員さんに聞いてみたけど、撮影スポットとして休みの日は多いそうだ。

9:04  「敦賀」駅 北陸線米原行快速発車
米原駅から来た快速電車が折り返し運転だった。近江今津駅から乗ったのと同じ新型車両だった。
出発間際に一時間に一本だけの小浜線が入ってきた。シルバーの車体に緑のラインがきれいな電車だ。
すごいローカル線で一両なのに電化されているのが不思議だった。
小浜線

なるほど原発銀座「若狭湾」沿岸を走るので、路線整備にお金がたくさん回ってくるんだね。
今度は沿線沿いの田んぼの中に三脚を構えた人たちの多いこと。
みなさんこのあと米原駅から木之本駅まで走る「北びわこ号」のための準備のようです。
    
10:03 「米原」駅着
すでにホームには撮影の人と座席指定券が買えた人でごったがえしていたので、
反対ホームから入線の写真を撮った。
黒光りする蒸気機関車に太陽が当たって金色に光る部分が美しかった。
sl入線
tume5.jpg

   
10:08 長い汽笛と共にSL北びわこ号発車。
      梅小路機関庫から引っ張ってきた電気機関車
        
10:33 「米原」駅 東海道線 豊橋行 新快速発車
この新快速に上手に乗れないと大垣でもう一度乗り換えをしなければならない。
米原から大垣までの関ヶ原を越えるのが、電車も少なく自動車でも大変なので、
交通機関のなかった大昔は相当に困難な急所だったのだろう。
tume4.jpg

    
11:43 「名古屋」駅下車予定が岡崎じいちゃんの所まで行くことにした。
12:16 「岡崎」駅まで家内の父親に来てもらい停車中に手を振って「さようなら~」
12:41 豊橋発浜松行き普通列車発車
「父ちゃん、w先生の所に会いに行こうよ」
「だめです、初盆だから忙しいのとそこまで時間がありません」

13:15 浜松駅着
去年はJR東海の新幹線わくわくデーで浜松の車両基地見学に行ったので2年連続浜松。

13:21 浜松発豊橋行き普通列車発車
13:55 豊橋駅着
14:03 豊橋駅 米原行快速発車
14:57 名古屋着
京都では普段見られない特急「しなの」や「セントラルライナー」などの写真を撮った。
   
15:35 関西本線 快速みえ 鳥羽行発車
今回のメインイベント、以前から乗ってみたかった「快速みえ」が入線。
出発までに時間があるので特急「しなの」と並んでいる所を写真に収めたが、
「しなの」は前と後ろで顔が違うんだね。
期待していた「快速みえ」は気動車(ディーゼルカー)で大型バスのようなパワーのかけ方と
思ったより車体がゆられ快適ではなかった。関西線は単線でいくつかの駅ごとに反対車線待ちがあった。
tume3.jpg

    
16:06 「四日市」駅下車 
快速みえは「四日市」駅から先、伊勢鉄道を通るので18切符で乗るには別料金がいる。
その後の快速に乗り換えるのに時間があるので駅前に出てみた。
四日市は大きな駅でにぎわっていると思っていたが、駅前にはバスロータリー以外、
何もなく目に見えるところにお店一つなかった。
35度を超す日だったから駅舎は暑いので近くのコンビニ探しにうろうろして時間調整をした。
凍らせられた飲み物を首筋や頭にくっつけ生き返った心地がした。

16:49 快速亀山行発車 
だけど四日市から先は各駅停車。
でも気動車ではなく新型電車でこの電車の方が静かでゆれずに冷房もしっかり効いて快適だった。

17:16 「亀山」駅到着 → 17:43 「亀山」駅 関西本線 加茂行普通発車
   
亀山の駅前も何もなかった。すごいカラーの気動車だったけど、2両編成で中にはトイレも付いていた。
この亀山から加茂までの路線は普段は車でしか通ったことがないけれど、
月ヶ瀬や笠置あたりは紅葉の季節には美しいだろうなぁ。
tume.jpg


19:18 「加茂」駅到着 → 19:25 大和路線 大阪環状線行き区間快速発車       
20:40 「大阪」駅下車の予定を環状線一周して天王寺終点らしいのでそのまま乗る。
20:49 「京橋」駅到着
   
21:12 学研都市線 宝塚行快速発車 → 21:30 「尼崎駅」到着

今まで駅名の看板を見て思ったけどJR西日本の範囲は米原まで青ラインだったし、
名古屋、岡崎、四日市、亀山はJR東海でオレンジラインだった。
加茂は緑で尼崎はピンクだ。うーん不思議?
でもJRマークは西日本の青色になっているから路線ごとに分けているのかな?
tume0.jpg


21:32 東海道線 新快速米原行発車
   
22:09 「京都」駅着
大阪に入ってからの電車は普段よく見ている新快速の新型車両ばかりだった。
朝から晩まで京都、滋賀、福井、岐阜、愛知、静岡、三重、奈良、大阪と楽しめて2,300円は
うれしい切符で今度はどこに出掛けようかと考えるだけでわくわくする。

万事雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/08/22 23:42

諸行無常


闘病の末、旅立つもの。
新しく産まれ来るもの。

悲しみの報告、喜びの報告。

ここ最近、両極端な気持ちを味わっている。

わかっているけど、十分理解しているけど、
フリなのかも知れない。

なんとかしたいと勉強し研鑽し、
それでも変えられないものがある。

「なんとかしたい」気持ちはエゴかもしれないが、
その想いはあって構わないと思う。
想いがあるからできる事を行動する。

仲間達が直面するたびに、同志達が直面するたびに考えてしまう。

それらを背負って私は生きてゆきます。

万事雑感 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2011/05/30 07:21

モモンガさんへの回答

「久しぶりに東京に行ってきました」の記事にコメントをいただきました。
そのお返事をコメント欄に返答しても皆さんに読まれますので、
私の考え方の一つとして何かの役に立つかと思い、
新しい記事として書きます。

以下、モモンガさんへの返信


ハンコックの能力に、手に短刀突き刺して耐えたモモンガ中将ですか?
私がワンピース好きだと、知ってのネーミングですね(笑)
コメントとご指導ありがとうございます。
はじめまして、とお書きになるならお会いしたことはないようですね。
もしお会いしたことがあれば、私の生き方(楽しみ方)をご存知だと思います。

私は師匠の(心技体)全てを受け入れ師事しましたので、今でも畏敬です。
そして脳内師匠達もまた素晴らしい仲間達です。

また、誠に恐縮ですが質問の回答にはお答えしかねます。
それは、師匠から口伝された大事な部分ですから
軽々とネット上で語る話ではないと、考えるからです。
また各々の答えがあると思いますので、私の答えが一番だとは考えていません。
「答えを求めるな、自分で考えろ!」という教えは、
答えは各々の中にあるから、答えを聞いてしまってはフィルターがかかってしまう。
洗脳されずに自分の感性で知ることが大事だ!ということだと解釈しています。

そうはいっても前進のためにヒントになる答えが必要な場合があります。
それを引き出せる人間関係の構築が身を助けることになると考えています。
飲み会の席の隣に座った師匠や兄弟子から、ちょこっと一言いただくアドバイスは
自分だけへの個人指導ですからありがたいものでした。
このように、わかっている人には恥ずかしい内容をネットで晒す恥を知りながら、
そんな頃の懐かしさを思い出しながら、返信しておきます。


コメントありがとうございました。
万事雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/03 00:50

不良中年??

システムベット

今朝は眠たいです。
「群馬から某先生夫妻が奈良に来られるから来られませんか?」との
お誘いを受け、昨晩は仕事が終わってから家内と一緒に23時過ぎに奈良へ。
群馬夫妻のためなんだけど、真夜中のディープツアーイン奈良でしたね。
絶対に観光バスやツアーでは行かない、非常にマニアックな、
わかる人にはわかる場所オンパレード!
明け方3時くらいにこそっと帰ってくる不良中年達でした。

こういった瞬間って二度めがあるかわからない。
群馬夫妻が来られる可能性、その時間に我々が都合が付く可能性、
それぞれが抱えている家庭環境、社会的環境などなど考えたら、
すごい可能性でその場所に集ってるんだなぁ。
震災後、特に強くそう思うようになりました。
「これは明日にしよう」の明日があるとは限りませんからね

さて、話は変わって「次の日が早いから」と少し早めに帰った理由は
写真のシステムベットが早朝に到着するからだった。
組み立て式なので梱包が8個口。それぞれがかなり重たい。
一人で3階までは運べない。組み立てる場所も無い。
もともと部屋数が足りなく納戸化している荷物を逃す所も無い。
外の駐車場に逃がし、で開梱したくても雨。
発泡スチロールと段ボールの廃材が膨大。
説明書がどの箱に入っているのかわからない。
なんと不親切な!と思いながらも、全体図と金具から想像してメドを付けると
パーツを3階に運ぶのに時間が掛かったけれども、組み立ては30分くらい。
最後に廃材をまとめているときに発泡スチロールの裏に説明書が

これを教訓にもし自分がこの商品のバイヤーだったら、こんなとこ、あんなとこ、
エンドユーザーの視点に立って改良すると思います。
佐渡の先生もブログに書かれていますが、
自由診療の我々は立ち止まっていられませんね。

システムベットを導入して、これで一人で寝るようになってくれればよいのだが、、、
被災された方には申し訳ないけど、
家が狭いのに人間が多すぎるので工夫が必要です。
4世代家族ってめずらしくなったよね。
万事雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/02 01:06
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。